2010年07月11日

ヒミズ



自分の中では古谷実の最高傑作。ヤンマガでも見てたけど、最後の終わり方が雑誌とコミックとで違うのが印象的だった。

読んでた当時はこういう作品を望んでた部分もあったから、ある種の衝撃はあった。学生時代だったし。今読んでも面白い。

10点
posted by キョウヤ at 16:44| Comment(0) | 10点満点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

ブッチーメリー The ピーズ1989-1997 SELECTION SIDE A,B





自分にとってTheピーズの音楽はキリスト教信者の聖書、イスラム教信者のコーランと同等。それくらいTheピーズには救われたし、感謝してもしきれない。Theピーズの音楽と出会っていなかったらと思うとぞっとする…

好きになってから10数年たってるけど、今でも一番好きな音楽だし毎日聞いてる。FXの取引時間中に音楽かけてるけど、ピーズの音楽聴いてるといくらヤラレてても平常心保てるわw

歌詞といいメロディといい、素晴らしすぎる。活動再開した時は嬉しかったな〜腰痛持ちだからあまりライブとかは行かないんだけど、20周年ライブは行ったな。だけど、ピーズにはライブよりも音源を多くつくってほしいw

残念なことをあげるとすれば初期は恋愛やシモの歌がそれなりにあることか。

Theピーズのwikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/The_%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BA
>一度も大ブレイクしたことはないが
余計なお世話www

まぁでも一般受けしない音楽だろうなとは思う。でも自分は死ぬまでピーズの音楽を聴き続けるつもり。

良曲
SIDE A 4,5,8,9,13,14,18,19,20,21,22,23
SIDE B 1,3,5,13,14,15,17,18,19,20,21

SIDE A 9点 SIDE B 10点
posted by キョウヤ at 19:13| Comment(0) | 10点満点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

ゴッドファーザー PartI



さすが名作。アル・パチーノの存在感も凄いけど、マーロン・ブランドの演技に脱帽。間延びする感じもしないし、文句のつけようがない作品。

10点
posted by キョウヤ at 23:43| Comment(0) | 10点満点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

寄生獣




紹介するまでもなく傑作中の傑作。色々と考えさせられる。色々と考えさせられて結局、なるようにしかならないんだなと。

読んで損することはないどころか得にしかならないといっても過言ではない作品。読んだ後すっきりするのか、読む前よりも何かモヤモヤするのかは人それぞれだろうけど。

10点。

posted by キョウヤ at 00:27| Comment(0) | 10点満点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日





天を読んだのはカイジやら銀と金を読んだ後くらいで、マージャン漫画だったために敬遠していた。自分の場合マージャンは全くといっていいほどやらないので。

15巻までは面白いは面白いけど、個人的には7点。ただ度肝を抜かれたのは16巻〜18巻。16〜18巻は10点満点で総合的に8点。部分的にも10点つけるのは珍しいので、10点満点の記事カテゴリに。

正しい人とか正しい人生ってある訳ないのにそれを大衆はどこかで求めてる。そういうものがあった方が楽だし、そういうものがないと不安なんだろう。

小学校からたくさん勉強して進学校に入り、有名大学に入学。就職は世間一般からエリートと言われる一流企業に入り、出世街道にのり定年まで安泰。プライベートでは結婚をし、子供にも恵まれる。定年退職したら貯金と年金で老後生活。最後は孫など家族に見守られ、息を引き取る。そんな感じが自分が小さい時や学生の時にマスメディアなりを通じて、目標というか指針になっていた感がある。

自分も勉強していい大学入って、いい企業にとよく言われた記憶がある。

自分はそんな決められた浮き沈みの少ない人生なんて、クソ食らえと思っていたけどw

なるほどと思うようなメッセージ・考え方があり、今でも無気力になったり自暴自棄になったりした時に読む作品。

「ただやる事

その熱

その行為そのものが

生きるってこと」

天18巻より
posted by キョウヤ at 21:57| Comment(0) | 10点満点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。